008 <全2回>行くぜ、東北。2017秋ポスターの撮影地を巡る旅: 福島県横断!エクストリーム・フォトジェニック・トリップ

Part 1:太平洋から磐梯エリアを快走!エクストリームドライブ編

今回の「行ってきたぜ、東北。」は、秋ポスターの2つの撮影地、太平洋岸のいわき市から内陸の会津若松市へ福島を横断!福島県内のフォトジェニックスポットをひたすら駆け巡る2泊3日の弾丸ツアー、名付けて『エクストリーム・フォトジェニック・トリップ』です。

挑戦する旅人は、左から
ナオヒロくん、
ユイさん、
アオイさん。
2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて活動する学生団体に所属する3人です。

東京駅丸ノ内線北口にて待ち合わせ。
エクストリーム・フォトジェニック・トリップの幕開けです!!

初めての東京駅は広すぎて迷ってしまったけれども、ギリギリで6:52発の特急ひたち1号に飛び乗り福島県は泉駅へ!

泉駅に到着!
駅前からタクシーに乗り、まず最初に訪れたのは「ゼリーのイエ」。
開店間もないのにかかわらず到着するとすでに行列が!!!
フォトジェニックなかわいいゼリーちゃんが売り切れないかドキドキハラハラしながら列に並びました~。

強い日差しの中30分近く待ち、ようやく私たちの番に!福島に来て早々足が棒になりました(笑)。

カラフルなゼリーが並んでいてとても綺麗!女子陣は「わたし、これ食べたい!」「え、わたしもこれ食べたい」「やっぱフォトジェニック意識して違う色にしよ」「配色的には(ry」と大盛り上がり。
お客さんを見ていると大量に選んで配送してる人も!プレゼントでこんな素敵でカラフルなゼリーが届いたらうれしいだろうなぁ。

なんとか、キラッキラのゼリーちゃんを悩みに悩んで6つ購入!
店内で食べるのを想定していましたが、店内は食べる場所がないので、お次の「アクアマリンふくしま」で食べることに。

ということで「アクアマリンふくしま」へ。
ただの水族館と思ったら、大間違い!生き物とのふれあいコーナーや釣り堀、砂浜の遊び場、展望台、オシャレなおっきい本棚、に縄文の滝…。
水族館の領域を超えた充実の施設に驚きました。

魚のエリアを一通り廻って、たくさんの子供に見られながら「ゼリーのイエ」で購入したゼリーを開封。

海をバックにフォトジェニック!

再び水族館見学に戻ります。

こちらは「潮目の大水槽」のゾーン。水槽がトンネルのようになっているんです!

びっくりしたのは「潮目の大水槽」の前に寿司屋があること。泳ぐ魚を眺めながらお寿司を食べるという貴重な経験ができました!
なんかとても申し訳ない気持ちになりました。

昼食は「いわき・ら・ら・ミュウ」へ。

いわき市の魅力が、ぎゅっと凝縮した 新鮮なお魚が勢ぞろい!
市場感覚の物産センターです。

漬けマグロ丼と、大きなカニ足がインパクトのある海鮮丼。
美味しく頂きました。

次は三崎公園へ。ここは松岡茉優ちゃんのポスターの撮影地なんだとか!
マリンタワーへ昇り、福島全体を見下ろしてきました~。

展望台は福島の海が一望でき最高のロケーションでした。
晴れてればさらに良かったんですけど…。

実はこの二人、高所恐怖症。
怖くて真下を見ることができません。
ですが、風が気持ち良く、すっきりした気分になりました!

泉駅へ戻り、JR駅レンタカーにて車をGET。
今回の旅は、唯一の後輩であるユイしか免許を持っていません。
免許を取得して2ヶ月、人生初のレンタカーということでドキドキ不安と闘いながら次の目的地へ…。

車を2 時間程運転して、ワンダーファームへとトマト収穫体験へ。

なんと11種類のトマトを栽培しているんだとか。
食べごろのものをつまみ食い!一生分のトマトを摂取したと思います。

トマトに負けず、カボチャも Big。

ハートのカタチのトマトを発見!

私のオススメのトマトはこちら!
甘くてジューシーで大満足。獲れたては最高!

いつもの真っ赤なトマトをはじめ、黄色いトマトや、緑のトマト、紫のトマトまで。
袋いっぱいにトマトを詰めていいとのことでどっさり収穫。

トマトのソフトクリームも美味!女子2人で完食!

ガイドのおばちゃん可愛かったなぁ。
女子2人で完食! 温かかく優しいお方でした!

ということで、1日目かなりツメツメで移動しまくりでしたが観光はこれで終わり。宿に向かいます。

今日の宿は裏磐梯で一番星空に近い宿と言われる「裏磐梯グランデコ 東急ホテル」さん。
18時からの夕食の予定に大幅に遅れてしまったにも関わらず、優しく受け入れてくださった皆様に感謝。

夕食のフレンチ料理を前に戸惑う3人。テーブルマナーを覚えなくてはと思いました。

メインは「国産牛フィレ肉のソテー 季節の温野菜添え赤ワインソース」。
大変、美味しかったです。

食後はユイのグランドピアノを鑑賞。

温泉では早朝から動いた疲れをしっかり癒し、明日に待ち構える長距離運転に備える!

1日を振り返りながら眠りにつきました。明日はどんな楽しいことが待っているかな~。ワクワクです!

そして、おはようございます!

2日目スタート!昨日とは打って変わり、霧が0!すっきりした朝を迎え朝食の会場へ。

バイキング形式のメニューに目移り。

不思議と旅行先での朝食はたくさん食べる!

ホテルで朝食後、旅行に来ていたやんちゃな兄弟とともにホテルの庭で遊ぶことに。
木のブランコにシャボン玉、ハンモックに遊びまわる子供たち…こんなとこにもフォトジェニックが。。。

私たちも童心に帰ることができました(笑)。

バイバイ、裏磐梯グランデコ東急ホテル~!

さあ旅行再開です!!
磐梯吾妻スカイラインのヘアピンカーブ連続に絶叫しまくりながら、ユイのエクストリーム運転から始まります。

うねうね山道を2時間ほど繰り返し、吾妻小富士山到着。

着いた途端驚きました。
「今からこんな高いところ登るの!?」高所恐怖症のユイが恐怖で怯えていると「 標高1700mの山をこんなに手軽に登れる山なんてないよ」と郡山のおじさん。
まさにその通りで、スカートにスリッポンという超軽装でも楽々登れました!

岩肌の見える登山道を少し登ると、そこには大きなクレーターが!想像よりもずっとでかくて圧巻!
余裕ぶっこいてこんなところに立ってると思われそうですが、実は汗だくでした。本当に高いんです!
でも、恐怖症を克服した気分で、すっきりしました(笑)。

登山の記念にケルンを積みました。
お土産屋さんでちょっとだけ休憩を取り、次の目的地へ。

五色沼到着!天然の湖なのにコバルトブルーやエメラルドグリーンのカラフルな水の色をしています。

七つある沼のうち、きらきら光るエメラルドグリーンの毘沙門沼でボートに乗りました!
「男なのにボート漕ぐのが下手すぎる」という罵声を前後から浴びながら湖の上をゆらり。

五色沼ソフトクリームも美味しかったです。
青緑色は塩バニラ味、ピンク色はストロベリー味。
毘沙門沼をバックにフォトジェニック!

そして次回は、喜多方エリアを走り抜け、もう一箇所のロケ地、飯盛山のある会津若松へ。
エクストリーム・フォトジェニック・トリップは、Part 2につづく!

※この記事は2017年8月3日~2017年8月5日に実施した旅行をもとに作成しております。ご旅行の際には、最新の情報をご確認ください。

1日目
東京駅
特急ひたち1号
泉駅
タクシー
ゼリーのイエ
徒歩
アクアマリンふくしま
徒歩
いわき・ら・ら・ミュウ
徒歩
三崎公園
タクシー
泉駅
レンタカー
ワンダーファーム
レンタカー
裏磐梯グランデコ 東急ホテル

2日目前半
裏磐梯グランデコ 東急ホテル
レンタカー
吾妻小富士山
レンタカー
五色沼