001 <全3回>日常から離れた、ちょっと贅沢な東北女子旅!

2日目:風情のあるあこがれの温泉街、銀山温泉へ!

イベントサークルの仲良し3人組の東北女子旅の2日目は、盛岡から山形の銀山温泉へ向かいます。その名称は江戸時代初期に栄えた「延沢銀山」に由来し、大正時代の面影を残す街並みが訪れるひとの郷愁を誘う人気の温泉地です。

ローカル線を乗り継いで、目指すは大正ロマンの香りただよう湯の街、
銀山温泉へ!

岩手県,岩手郡,雫石

2日目の朝ごはんも1日目の夜と同じビュッフェ形式でした! 名物のはちみつをたっぷりかけたシェフの出来立てフレンチトーストは、ほんとーに美味しかったです! フレッシュなバナナジュースも出来立てをついでくれていい1日のスタートでした! 和食も洋食もとにかくなーんでも食べました!大満足です(笑)(ミスズ)

岩手県,盛岡市

10:00にホテル森の風さんをチェックアウトし、お昼ご飯には盛岡駅のそばの盛桜閣さんでお肉と名物の冷麺!私は人生初の冷麺だったのですが、スイカがのっていることに驚きでした。さっぱりしていて美味しかったです!
(カナ)

岩手県,盛岡市

初めて本場の冷麺を食べましたが、あっさりしていて弾力のある麺がとっても美味しかったです!ハラミも絶品でした〜! またぜひ行きたいです(*^_^*)
(ミスズ)

東北新幹線

デザートのパッピンスも忘れずに新幹線に乗り、大好きになった盛岡に別れを告げ、目指すは山形の銀山温泉!!(リリカ)

銀山温泉へは盛岡〜仙台〜羽前千歳〜大石田と何度か乗り換えしながら行きました! なかなかディープな東北旅です(笑)
(ミスズ)

大石田駅に向かう車窓からの景色です。お昼からの移動で少し日が陰ってきました。銀山温泉に着く頃は、いい雰囲気の夕暮れかな~。
(リリカ)

新幹線に乗り、電車に揺られ、さらにバスに乗って、やっと銀山温泉へ~!移動時間が長かった!笑
(リリカ)
真ん中に川が流れていて、全てが絵葉書みたいに雰囲気のある街並みでした!
(ミスズ)

山形県,尾花沢市

着いたらまずは名物はいからさんのカレーパン!
揚げたてサクサクで美味しかったです。(カナ)
夜ご飯前なのは内緒です!(リリカ)

山形県,尾花沢市

温泉街に立つ街灯は、今もガス灯なんだとか。だんだんと暮れていく空にともる柔らかなガスの灯に、大正ロマンの面影を感じました。

山形県,尾花沢市

2日目に泊まる宿は「旅館松本」さん。1日目のホテルとは違って老人夫婦が営んでいるこじんまりとした風情溢れる宿でした。
(カナ)

山形県,尾花沢市

晩御飯は広い和室を3人で貸切って使えました。贅沢させていただきました。

山形県,尾花沢市

本日の晩御飯は”和”の御膳!地元のお肉やお魚はやっぱり格別ですね。

山形県,尾花沢市

夕食を終えて浴衣に着替えて外に出てみると、山形花笠踊りをやっていました! 音に合わせて地元の婦人会の方が踊られていて、だんだん日が沈んできて夏だなぁと風情を感じつつみてました^ ^
(ミスズ)

山形県,尾花沢市

花笠踊りを観たあとは、夜の銀山温泉をお散歩しました。お土産屋さんをのぞいたり、地元の居酒屋さんを体験してみたり・・・銀山温泉サイコー!!\(^o^)/

山形県,尾花沢市

銀山温泉は温泉という名前がつくだけあって、なんと足湯に無料で入れちゃうのです!!足元に気をつけながら、美味しい酒を飲んで、贅沢な夜を過ごしました~
(リリカ)

宿に戻り、お土産屋さんで買った美味しいお酒と地元のおつまみで、あらためて乾杯! この夜も、ずーっとガールズトークは止まらず、またみんなの仲良しさが深まった気がします。

3日目は東北旅のフィナーレ、杜の都・仙台です。
8月5日公開予定!お楽しみに!!^^


※この記事は2016年6月3日~2016年6月5日に実施した旅行をもとに作成しております。ご旅行の際には、最新の情報をご確認ください。

2日目
ホテル森の風 鶯宿
バス
盛岡駅
徒歩
盛桜閣
徒歩
盛岡駅
東北新幹線
仙台駅
仙山線・奥羽本線
大石田駅
タクシー
銀山温泉 旅館松本