雪祭り&絶景 雪祭り&絶景

青森

鮮やかな烏帽子をまとった豊作祈願の舞

八戸えんぶり(八戸市)

  • 八戸えんぶり
  • 八戸えんぶり
  • 八戸えんぶり

青森県知事 三村 申吾

青森県知事

三村 申吾

冬の青森県には、十和田湖畔で行われる「十和田湖冬物語」や弘前公園の「弘前城雪燈籠まつり」などのイベントのほか、津軽鉄道の「ストーブ列車」、八甲田の「樹氷」などの冬ならではの見どころがたくさんありますが、その中でも本県を代表する冬の伝統行事が八戸市の「八戸えんぶり」です。
えんぶりは、その年の豊作を祈願する舞で、太夫と呼ばれる舞手が馬の頭を象った華やかな烏帽子を被り、頭を大きく振る独特の舞が大きな特徴です。その舞は、稲作の一連の動作である、種まきや田植えなどの動作を表現したものです。また、えんぶり摺りの合間の子供達による可愛らしい祝福芸も、見る者を楽しませてくれます。
また、かつては大地主や有力商家の家で披露されていたこともあり、その昔の風情を味わえるのが、祭り期間中に実施される「お庭えんぶり」です。明治・大正期の歴史ある邸宅「更上閣(こうじょうかく)」の庭園で披露され、かがり火の中、幻想的な雰囲気とともに、昔の「だんな様」気分を味わいながら鑑賞するえんぶりは、昼のえんぶりとは一味違い、贅沢なひとときを過ごすことができます。

田の神様をゆさぶり起こして、豊作を祈る祭り。「えんぶり」の名は、田起こしに使う農具「えぶり」に由来すると言われています。太夫と呼ばれる舞い手たちが、馬の頭をかたどった色鮮やかな烏帽子を大きく振りながら舞う姿は圧巻です。

  • 場所
    八戸市庁前市民広場・長者山新羅神社・八戸市公会堂・更上閣ほか
  • 時間
    日によって異なる
  • 期間
    2017年2月17日~20日
  • 八戸観光コンベンション協会
    0178-41-1661

  • 交通
    JR八戸線本八戸駅から徒歩約5分(八戸市庁前市民広場)
    ※有料観覧席あり(えんぶり公演1席900円~、お庭えんぶり1席2100円・要予約)

近隣スポット

十和田湖冬物語2017

十和田湖冬物語2017
(十和田市)

冬の十和田湖が雪と花火で輝く

奥入瀬渓流

奥入瀬渓流
(十和田市)

アートのような氷瀑・氷柱が渓流に輝く

十和田湖畔温泉郷・十和田湖温泉郷

十和田湖畔温泉郷・十和田湖温泉郷
(十和田市)

十和田湖周辺の静かな温泉郷

古牧温泉

古牧温泉
(三沢市)

青森の文化を体験できる一軒宿

八戸せんべい汁

八戸せんべい汁
(八戸市)

南部せんべいが主役の郷土料理

十和田バラ焼き

十和田バラ焼き
(十和田市)

十和田のソウルフードに君臨!

ページトップへ